« 阪神合同婦人会 | トップページ | ちび太が天国に旅立ちました »

2015年5月22日 (金)

屋根裏物置できました

ちび太です。

お散歩、ですが、歩くわけではなく、カートに乗ってます。外の空気にふれるのが楽しいようです。
20150514






昨年、父が亡くなり、店舗と家を整理した結果、山のような荷物が我が家にやってきました。

もともと整理下手な上に、半端ない量!!これは、どこかに収納スペースを作らねば。

で、屋根裏に目をつけました。
リフォームを業としておられるところに相談すると、広さは二階の床面積の半分以下、固定階段はつけちゃダメ、エアコンもつけちゃダメ、等、いろいろと規制があることを教えてもらいました。なんとかクリアできる範囲で、作って頂き、このほど完成しました。
これで、父の荷物を収納できます。

私の希望は6つ。

その1:梯子は電動で動くこと
「手動だと、はしごを出すのがめんどくさくなり、屋根裏にあがる回数が減る」と、どこかのブログで読みました。

その2:荷物を滑らせて移動したいのでフローリング材を貼ること
中腰で動くことになるので、荷物を持ち上げるのは大変です。すべらせることができれば荷物の移動が楽かな、と考えました。

その3:断熱材を屋根裏全体に隙間なくビッシリ貼り付けること
屋根裏の床部分(2階の天井の上)には、断熱材が敷き詰めてありましたが、屋根の裏にあたる部分には、まったく断熱材が貼ってありませんでした。

その4:強力な換気扇をつけること
本当はエアコンをつけてほしかったのですが、つけたら居室となり、法律違反だとか。今時、物置にもエアコン、要るよな~、と思ったのですが。

その5:LED照明をつけること
物置なので、蛍光灯だと取り換えが面倒です。

その6:コンセントの差込口をつくること
夏は扇風機がないと、やってられない。2階から延長コードをのばすのはめんどくさい。



2階トイレの前の廊下天井に、梯子を付ける穴をあけるところから工事は始まりました。
↓は、完成した写真です。クロスも貼ってくれたので、前よりキレイ♪

Dach7
トイレ前の廊下にはしごが下りてくるのはナイスなアイデアです。壁が迫って狭いので、梯子に手すりがなくても、怖くない!それに、絶対にここに家具を配置することがない!



↓はしごは、天井裏から見ると、こんな感じです。危ないので柵をつけてもらいました。

Dach9_3
よく見ると、はしごを動かしているのは、なんと!黄色い荷造りテープ!!「大丈夫か、劣化するなよ!頑張れ!」と思わず声をかけてしまった。

木造なので、屋根裏には、筋違や柱が、やたらあります。これをそのまま残して床を貼るのは大変だったと思います。



もともとあった、換気用の穴に、換気扇をつけてもらいました。
屋根を支える柱が真ん前にありますね。

Air
この換気扇は、自動運転のモードも搭載しています。普段はスイッチを使って運転しますが、留守の時など、温度設定をしておくと、その温度以上になったら、勝手に仕事をし、温度がさがったら勝手に仕事をやめるようです。この子、賢いですね~。






もともとあった、嵌め殺し天窓。これが、すこぶる暑い!!
Dach3
ボロボロ感が半端なかったので、木で枠を付けてくれました。

Dach4
見た目は良くなったのですが、日差しが強くて、あまりにも暑い!!
ホームセンターでプラダンを買ってきて、押しピンで装着!!
劇的に温度が下がりました。このプラダン、一畳分の大きさで税込192円。窓のサイズだと40円弱です。安っ!!

Dach5






Dach10
上は、電動はしごのスイッチ。下は、もともとあった、2階廊下と納戸の照明スイッチの右に、屋根裏照明のスイッチと、換気扇のスイッチをつけてもらいました。
ここにあるのは、すごく便利です。いちいち上がってから、スイッチを入れなくてもすみます。

10畳ほどのスペース、有効に使わねば。

|

« 阪神合同婦人会 | トップページ | ちび太が天国に旅立ちました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70276/60094730

この記事へのトラックバック一覧です: 屋根裏物置できました:

« 阪神合同婦人会 | トップページ | ちび太が天国に旅立ちました »